0 商品¥0

お買い物カゴに商品がありません。

松葉がに・間人がに

丹後・但馬のブランド蟹の産地直送

千翔が店を構える京丹後は、冬になると蟹の本場「丹後」として蟹一色の町となります。当店から車で約20分の市内にある間人港でも、11月6日の蟹漁解禁日から漁期終了の翌年3月下旬まで日帰り操業による蟹漁が連日行われ、新鮮な間人蟹(たいざがに)で地元の旅館や民宿が賑わいます。

千翔では解禁直後から、この間人蟹とお隣の但馬で獲れる津居山がに(津居山港)、柴山がに(柴山港)の三種類の山陰ブランド蟹を全国のご家庭へ産地直送しています。

しばやまがに 柴山蟹

兵庫県香住・柴山港産の選びぬかれたズワイガニ

柴山がに(しばやまがに)と呼ばれる、兵庫県の香住にある柴山港で水揚げされるこの松葉蟹は、漁港内の優れた設備により蟹の状態も優れ、また日本一の選別基準があることでも有名です。

水揚げされた柴山蟹は、約100段階に選別&ランク分けされ、そのランクを基準に仲買人によって競り落とされていきます。上位にランク分けされた蟹にはピンク色のタグが付与され、全国に流通します。

千翔では、この柴山港産の厳しい選別を勝ち抜いた良質な柴山がにのみを仕入れ、更に料理長が実物を一匹ずつ目利きし、自信をもっとお勧めできる蟹のみ発送しています。

料理長がお勧めする一枚を是非あなたの目でお確かめ下さい。

ちなみに柴山蟹は商品頁にて「松葉蟹」と表記しています。

たいざがに 間人蟹

京丹後市・間人港産のズワイガニ

千翔が店舗を構える京丹後市内の間人地区にある間人港で水揚げされるズワイガニです。ズワイガニのブランド化の老舗的な役割を果たし、今なお根強い人気を誇ります。

日本海屈指の丹後半島沖のカニ漁場に近く、5隻の小型漁船が港と漁場を往復しながら、連日、日帰り操業を繰り返します。

但し冬の日本海は時化やすく、波が少し高くなると小型船での蟹漁は難しくなり、間人蟹の水揚げが数日無くなる場合もあり、幻の間人蟹と呼ばれることもあります。

間人蟹は、年末から年始にかけては特に相場が高騰しますので、この時期は他の松葉蟹などをお勧めします。

千翔では、通販開設以来、ずっと間人蟹を取り扱っています。

ちなみに間人蟹は商品頁にて「間人蟹」と表記しています。

ついやまがに 津居山蟹

兵庫県但馬・津居山港産のズワイガニ

千翔から約40分弱に位置する兵庫県但馬地方にある津居山港で水揚げされる津居山がには、青いタグで有名な山陰ブランド蟹です。

小型カニ漁船7隻、中型以上の蟹漁船6隻による底曳網漁で、但馬沖のかに漁場から良質なズワイガニを獲って戻ります。

特に小型船や中型船は、間人蟹漁船と同じように日帰り操業を行いますので、蟹を冷凍することなく、活きたまま港に持ち帰りますので、間人蟹に比べると安定した水揚げ量を期待できるのが魅力です。

約26段階に及ぶ厳しいランク分けにより、津居山蟹を名乗ることを許された蟹のみを仕入れ、千翔店内の生簀品質管理し、活きたままお客様へ向けて発送しています。

ちなみに津居山蟹は商品頁にて「松葉蟹」と表記しています。

千翔から活きたまま発送する活蟹

当店の生簀で丁寧に品質管理された活きたままの間人蟹、松葉蟹を速やかに梱包し、そのままクール冷蔵便で全国のご家庭に向けて発送します。

ブランド蟹は、基本的に活きたまま到着しますので鮮度は申し分ありません。蟹刺しや焼き蟹はもちろん、ご自宅で茹で蟹に挑戦することもできます。

品質は厳選品とお買得品の二種類

厳選品と表記されてるブランド蟹は、足が揃った身詰まりも良い選ばれた品質のブランド蟹であり、贈答品(ギフト)にも最適な商品です。その分お値段も高めになります。

お買得品と表記されているものは、身詰まりは良いけど、足落ちヤケのある蟹です。お値段が安めですが、鮮度などは厳選品と変わりませんので、ご家族で食べられるなら最適です。

お届け時期により価格が変わります

山陰ブランド蟹の価格はそれぞれの漁港で開催されるセリにて、時期によって相場が大きく上下します。セリ相場は特に12月から年始にかけて非常に高騰する為、千翔ではお届け時期によって別々の価格を設定しています。ブランド蟹の商品頁にて、お届け期間を選択すると商品価格が表示されますので、詳しくはそれぞれの商品頁にてご確認下さい。

また時化や天候不良による不漁、相場の異常な高騰などにより、商品仕入れが困難な場合は、お届け日の延期をお願いすることがございます。天然の蟹を扱う以上、稀に起こりえることですので、あらかじめご了承ください。

活〆大鍋茹で 茹で松葉がに

料理長が厨房で茹で上げる極上な松葉蟹・間人蟹

千翔は丹後の地元では「仕出し料理屋」として古くから周知されており、その厨房から日々多くの仕出し料理を調理し出荷しています。千翔で取り扱う全ての通販商品もすべて、衛生管理の行き届いた仕出し料理屋の厨房内で調理&梱包されたものです。

冬のカニシーズンには、活きた松葉がにや間人蟹、そしてセコガニもこの厨房で活〆し、コクのある厳選塩を使い絶妙な塩加減で下準備し、大鍋で一気に茹で上げます。千翔の茹で蟹は、大鍋に入る分だけの蟹を丁寧に味を確認しながら茹であげることを繰り返すスタイルです。蟹が程よく冷めたら速やかに梱包を行い、湯がきたての状態のまま全国のご家庭に向けて発送を行います。

また蟹を茹でた際のお湯は捨てずに、次の湯で汁として再利用することを繰り返すことで、茹でれば茹でるほど蟹がどんどん旨くなっていきます。この茹で汁は松葉蟹カニスキセットに付属の千翔特製スープにも活用されています。このお湯には蟹の旨味が一杯に溶け出しています。

千翔のブランド蟹・通信販売